SEEPS 環境経済・政策学会

2009年8月26日改正
2010年1月1日改正
2010年12月24日改正
2011年12月22日改正
2012年9月15日改正
2013年9月21日改正

環境経済・政策学会 学会賞規約

(目的)

第1条 環境経済・政策学会の会則第2条に定める目的達成を促進するために、学術賞、特別賞、奨励賞、論壇賞を設ける。

(対象)

第2条 本賞は、原則として本会会員による環境経済・政策分野の優れた業績、あるいは本学会に顕著な貢献があった会員に授与する。

(賞)

第3条 受賞者に対し、賞状および副賞として金一封を贈呈する。

  1. 学術賞は、優れた論文あるいは著書に対する賞である。毎年2件以内とする。
  2. 特別賞は、本学会に顕著な貢献のあった会員に対する賞である。
  3. 奨励賞は、奨励に値する論文あるいは著書に対する賞である。毎年5件以内とする。学術賞受賞者は対象としない。
  4. 論壇賞は、一般社会への積極的な問題提起や普及啓発の面で大きな貢献が認められる単行本、小冊子、総合雑誌等における著作に対する賞である。原則として毎年1件以内とする。
  5. 学術賞、奨励賞、論壇賞は、共著の場合、原則として、ファーストオーサーに授与する。
(応募)

第4条 応募は他薦とする。推薦者は本学会の会員でなければならない。
ただし、学術賞と奨励賞に関して、本学会が発行する雑誌『環境経済・政策研究』およびEnvironmental Economics and Policy Studiesに掲載された論文は、推薦がなくても選考対象とする。

(対象期間)

第5条 学術賞と奨励賞については、12月末までの過去3年間に出版された論文と著書を選考対象とする。論壇賞は、過去1年間に出版された著作を選考対象とする。特別賞については、期間の限定は行わない。

(学会賞等選考委員会)

第6条 受賞者の選考のために、学会賞選考委員会をおく。

  1. 選考委員は、毎年会長が委嘱する。委員長は会長の指名とする。
    同一の会員が連続して委員長に就任できるのは3年を上限とする。
  2. 委員会に事務局をおく。
  3. 選考委員会委員は、自らが被推薦者、または推薦者となっている案件の選考に従事することはできない。
(受賞者の決定)

第7条 受賞者の決定は学会賞選考委員会が行う。

(受賞者の表彰)

第8条 受賞者の表彰は、毎年大会時、会長が行う。

(規約の改廃)

第9条 この規約の改廃は、理事会の議決による。

付則
この規約は平成21年6月1日から施行する。