SEEPS 環境経済・政策学会

学会誌について

環境経済・政策学会では、和文誌 『環境経済・政策研究』(年2回発行)と、英文誌『Environmental Economics and Policy Studies』(年4回発行)を刊行しています。

  • 英文誌『Environmental Economics and Policy Studies』について詳細はこちら

  • 『環境経済・政策研究』について

    『環境経済・政策研究』では、 以下の論文の投稿を受け付けています。

    (a)学術研究論文:独創性を有し、学術的貢献度の高い論文
    (b)研究報告論文:新規性と速報性を重視した論文、先行研究の成果や問題点等を独自の視点で整理し、資料的価値を重視した論文。いわゆるサーベイ論文を含む。
    (c)環境論壇:速報性を重視し、独自の視点でレビュー・考察した論文。テーマは編集委員会によって設定される。​

    いずれの区分においても匿名の査読委員による審査(査読)を行う。


    『環境経済・政策研究』投稿システムについて

    『環境経済・政策研究』ではウェブ上で投稿・査読を行う投稿システムを導入しております。

    投稿論文は、原則として2名のレフェリーによる審査を経て、最終的に受理・不受理の決定がなされます。どなたでも投稿できますので、投稿規定・執筆要領(2022年7月改定版)[PDF]に沿って執筆・投稿ください。会員の皆様のご投稿をお待ちしております。


    旧和文誌「環境経済・政策学会 年報」

    2006年度までは、和文誌「環境経済・政策学会年報」が年1冊、東洋経済新報社から発行されていました。前年度の年次大会時に開催されたシンポジウムの概要や、シンポジウムのテーマと関連した一般向けの論文、書評など、最近の環境経済・政策研究を分かりやすく紹介する内容となっております。
    お近くの書店や、東洋経済新報社のオンラインストア(http://www.toyokeizai.co.jp/)でお買い求めください。学会事務局でも販売しています。


    旧和文誌「環境経済・政策学会 年報」バックナンバー