SEEPS 環境経済・政策学会

市民公開講演会支援制度

この制度は、環境経済・政策研究の研究成果を、社会(特に一般市民)に向けて公開・発信するために、本学会会員が中心となって企画するシンポジウム、講演会、研究会等(以下、講演会で総称。)に対して、本学会が一部経費を補助するものです。

補助を希望される会員は下記事項を理解したうえで、必要書類を学会事務局までお送りください。支援の可否および補助額(上限10万円)については常務理事会にて決定します。

1. 申請条件

(1)講演会の内容が環境経済・政策学会の研究領域に沿うものであること
(2)申請者は学会正会員で、企画の中心的役割を果たしていること
(3)学会正会員(申請者以外も可)による研究報告が1つ以上あること

2. 補助金の使途

会場費、その備品代、他の報告者への交通費・謝金(妥当な額であること)

3. 選考と選考結果について

開催規模に応じて補助金額を決定します。一般市民を対象とした講演会を優先し、特定地域への集中を避け多くの地域での開催を支援します。選考結果は原則として開催日の1か月前までにお知らせします。

4. 補助金の支払

次の3つを要件として、(2)の会計報告受領後、申請者の銀行等口座にお支払いします。
(1)開催前に会員メーリングリストやニュースレターを通じて、会員に講演会の開催案内をすること
(2)開催後に講演会の会計報告を学会事務局に送付すること
(3)開催後にニュースレターで講演会の開催報告をすること

5. 申請に必要な書類

(1)市民公開講演会支援申請書(ここよりダウンロードしてください)
(2)講演会の収支計画書(様式任意)
(3)プログラム(講演者および一般公開されていることがわかるもの)


6. 申請書類提出方法

電子メールの件名を「市民公開講演会支援制度への申請」とし、添付ファイルにて環境経済・政策学会事務局 までお送りください。


7. 申請受付期日

原則として申請する講演会開催日初日の45日前まで